読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニ通販で気軽にカニ三昧

蟹好き女子「Rico」がカニパーティー、カニお取り寄せ情報でお騒がせ

チョット嬉しい豆知識!カニの数え方

意外と知らないカニ豆知識

カニの数え方

f:id:katun055:20161007010532p:plain

食材の数え方ってオリジナルなものがあって戸惑いますよね。カニも独特の数え方をしています。 基本的に生きているカニは「一匹、二匹」と数えて差し支えありません。ところがひとたび食用として用意されている場合には、「一杯、二杯(いっぱい、にはい)」とカウントします。いかと同様ですね。

元を正せば江戸時代や明治時代には、カニは大量に収穫された食材でした。値段もさほど高くなく、漁師たちは秣桶のような丸い桶ごとで取引していたとのことです。

そういった名残から、カニを数えるときは「一杯、二杯」と数えるようになってきたようです。

いずれにしても少し前までは山ほどのカニが一杯だったのに、今では一匹が一杯と、ずい分目減りしてしまいましたね。 因みに、甲羅を外して足と肩の部分をまとめて寄せ集めたときは、「一肩、二肩(ひとかた、ふたかた)」とカウントします。二肩揃うと一杯(一匹)分になりますね。

この他には地域によっては、一盃、一枚、一つ、一個、一尾などと数える場合もあるといわれています。どれも間違いではありませんよ。

近頃では通販などでカニを買う方が増えていますから、重さで表示されている場合が多いようです。キログラムで市場に出回っていることが主流のようですね。 こんな点でも日本語のややこしさを感じますが、同時に歴史も伝わって面白いですね。

 

 

スポンサーリンク

蟹好き女子「Rico」がカニパーティー、カニお取り寄せ情報、口コミ情報を調べて行きます
にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ
にほんブログ村