読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニ通販で気軽にカニ三昧

蟹好き女子「Rico」がカニパーティー、カニお取り寄せ情報でお騒がせ

カニは国産と外国産とで同じではないの?

かにの種類について

カニは国産と外国産とで同じではないの?

近年、一般的にいたるところでお店やインターネット等でカニを購入することが可能になりました。時と場所を選ばずカニを購入することが可能になり、カニも国産と外国産の物が販売されることがよくあります。それでは、国産の物と外国産の物で違いがあるのでしょうか?

 

さまざまな形で調べてみたところ、カニの種類によって、国産と外国産が違うところが生じているようです。

 

たとえば、タラバガニの場合は、国産も外国産もさほど違いはないようなといえます。タラバガニにあたっては、ロシアで獲れても国内で水揚げを行なっているので、国産と記載されていることがありますが、必ずしもこの表記は違法だとは言えません。

 

ところが、ズワイガニはタラバガニとは事実関係が違うようです。ズワイガニは産地などによって、名前が変わっていることをカニ好きの方においてはご存知の方も多いと思います。

 

松葉ガニや越前ガニという名前は、言うまでもなく聞いたことあると思いますが、これについては産地の名前がついているだけであって、元を正せばズワイガニなのです。

こういったように、産地の名前が付けられているズワイガニはブランド化しているので、国産の物と外国産の物ではズレが出て来ます。ブランド化しているだけあって、国産外国産の違いで、値段も間違いなく、国産の物の方が高額になっています。

 

言うまでも無く、値段が高いだけのことはあって、味の方も圧倒的に国産の蟹の方が美味しいと言って間違いないでしょう。外国産のズワイガニは、主に冷凍されて市場にでていたり、中国で加工されて市場にでてきます。こういった様にご紹介してきたのですが、値段が安いという理由で全てが外国産な訳ではあり得ません。現実的には安い蟹は輸入されている物がたくさんありますが、その中には国産で足が折れてしまってるため安かったりもするので、そういった部分はご自身で見極めて購入してみた方がいいですね。

 

スポンサーリンク

蟹好き女子「Rico」がカニパーティー、カニお取り寄せ情報、口コミ情報を調べて行きます
にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ
にほんブログ村