読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニ通販で気軽にカニ三昧

蟹好き女子「Rico」がカニパーティー、カニお取り寄せ情報でお騒がせ

ズワイガニとタラバガニの違いとは

ズワイガニとタラバガニの違いとは

f:id:katun055:20161007010532p:plain

ズワイガニは、三大ガニに含まれよく知られている人気のカニなのです。この特徴は、胴体の大きさに比べて足が長いことで、大きいサイズのものは、足を広げると80センチ以上になるというのもあります。11月から3月の冬の時期が、ズワイガニの一番美味しい時期で、旬の味を楽しめる時期に狙えば、よりいっそう美味しく食べられます。

 

ズワイガニはタラバガニと比較すると、わりと安い値段で手に入れられます。甘みがあってプリプリしたのが魅力で、濃厚で深みがある味わいと、繊細な身が特徴です。

 

タラバガニは、主に日本海、オホーツク海、北太平洋、北極海の冷水に生息しており、足が他のカニに対して一対少ないのが特徴です。味があっさりしていて、身が厚くてボリューム感があるのです。

 

ズワイガニとタラバガニはお互いに、子供から大人まで大人気のカニではあるのですが、ズワイガニとタラバガニでは美味しさが異なってきます。 ズワイガニは身がとても甘く、他のカニと全く違う甘みが最大の特徴ということになります。タラバガニはズワイガニほど甘みはありませんが、サイズがとても大きいので、身がギッシリと詰まっていて旨みが口の中いっぱいに広がります。

スポンサーリンク

タラバガニ選定の3つのポイント堅蟹を選ぶ。

タラバガニ選定の3つのポイント堅蟹を選ぶ。

f:id:katun055:20161008040722j:plain

水揚げ直後に、浜茹でされていた物を選ぶ。信頼でき安心できるカニ通販業者で購入する。

美味しいタラバガニの正しい選び方とは?

堅蟹を選ぶ。タラバガニ以外のズワイガニや毛蟹でも当てはまりますが、脱皮直後は若蟹と呼ばれ、身の入りかたが少ないので避けましょう。身がギッシリ詰まっているのは、脱皮してから時間が経った堅蟹です。 水揚げ直後に、浜茹でされた物を選ぶ。

水揚げされてすぐさま茹でることで、鮮度をキープできるのです。船から降ろしてすぐに茹でられた(浜茹でされた)カニはフレッシュです。

.信頼できる業者を選ぶ。カニ通販歴が長く、高く評価される業者を選ぶ。

  1. 水揚げ直後に、浜茹でされていた物を選ぶ。
  2. 堅蟹を選ぶ。
  3. 信頼できる業者を選ぶ。

多くの人が利用する際に注意しているのは、上記3つを満たしていることのようです。

 

スポンサーリンク

「4特」は業界最高レベルの高い品質

「4特」は業界最高レベルの高い品質について

f:id:katun055:20161008040420j:plain

 

「4特」は業界最高レベルの高い品質 極上カニである「堅蟹」の中にも細かいランクがあるのです。

「1特」から「4特」まで数字でランク付けられており、「4特」が最高品質なんです。牛肉で言うところの A5ランクのようなものと想定していただければわかりやすいと思われます。

下にあるように、通常、入手できやすいのは「1特」や「2特」などになります。「3特」になると高級料亭等など高価な外食店で提供されます。「4特」ともなれば仕入が困難で、安定して入荷することが難しいようです。

 

1特や2特 主として量販店やスーパーで扱う

3特 高級料亭などが主流

4特 仕入が困難で安定仕入が難しい。入った時に特別客だけなんかに出される

 

「1特」や「2特」であったら、私たち庶民でも容易に購入する機会があるのですが、「3特」や「4特」ともなれば、どうみても購入するのが難しそうです。しかしながら、そういう「3特」「4特」ランクの極上蟹をお取り寄せで購入する事が可能になります。 このあとご紹介するカニ通販会社「かにまみれ」ならば、「3特」や「4特」の極上蟹を購入することが困難ではありません。

「4特」の毛ガニを扱うおすすめのカニ通販

安定した仕入が困難な「4特」毛ガニを販売している通販会社は数多くありません。そのような中でも「4特」毛ガニを販売しているカニ通販会社が存在します。 そこは「かにまみれ」です。

f:id:katun055:20161008040722j:plain

特有のルートで安定仕入に成功し、カニ業界最高水準の「3特」「4特」の毛ガニだけを提供しています。 「かにまみれ」は品質には絶対的な自信をもっており、重量のグラム表示も「氷の重量を含まない」疑う余地ない重量を表示しています。

「かにまみれ」だと、水揚げされたカニを何年も冷凍したりせずに、水揚げ後1年以内の新物を提供していますので、旨みも保証付きです。 2年以上冷凍することを続けると冷凍焼けにより鮮度や風味が落ちる事があるために、1年以内のカニしか扱わない「かにまみれ」は優れています。

「3特」や「4特」の極上の毛ガニを食べてみたい方は、下記のリンクからどうぞ。

 

公式サイト・かにまみれ・【当店人気NO1】無添加 浜茹で毛ガニ【業界最高3~4特ランク堅蟹】

 

まとめ 毛ガニ最高ランク規格「4特」について

毛ガニ最高ランク規格「4特」に関するまとめです。 「若蟹」は脱皮したばっかりで美味しくなく、身が詰まった「堅蟹」がとっておきの最上蟹である「堅蟹」の中においても「1特」から「4特」までのクラスがある「かにまみれ」なら「3特」や「4特」の極上蟹を購入することができる。

スポンサーリンク

毛ガニ最高級規格「若蟹と堅蟹」とは?

毛ガニ最高級規格「若蟹と堅蟹」とは?

毛ガニには身の入りかたの具合を意味する業界水準の規格があります。

こちらでは、カニの規格を示す言葉「若蟹」や「堅蟹」、そして「3特」や「4特」などについて解説していきましょう。

 

一言で「毛ガニ」と言ってもたくさんのランクが存在しますので、美味しくない毛ガニもあれば、美味しい毛ガニもあります。毛ガニをお選びになる場合は、最高級ランクの毛ガニということを指す「3特」や「4特」がバッチリです。

f:id:katun055:20161007010852j:plain

毛ガニのランクは、毛ガニを買う際に見極めたいポイントです。

 

毛ガニの身の入り具合の規格:若蟹と堅蟹

 

若蟹とは

毛ガニはこまめに脱皮を繰り返します。その中の脱皮をしたばかりのカニを「若蟹」と言うのです。くれぐれも年齢の若い蟹ではありません。生まれてから何年も経ったカニも脱皮を行ないます。そういうような蟹も脱皮したての場合は「若蟹」となります。値段も安いので激安店では「若蟹」を取り扱っている傾向が高くあると言えます。

 

堅蟹とは

それに対して、堅蟹は、脱皮してから時間が経ったカニのことなのです。体が硬くなっていて身もシッカリ詰まり、高級ガニとされて人気があるカニです。優良通販店では「堅蟹」のみを取り扱う事を利点にしているお店も見受けられるのです。

1番美味しいとされているのは堅蟹 若蟹は逃れたほうがよい。

 

カニは下記の手順で高級蟹とのことです。

 

堅蟹(かたがに): ランク最高

若極上蟹(わかごくじょうがに): ランク中

若上蟹(わかじょうがに): ランク中

若蟹(わかがに): ランク低

 

何よりも高級で美味しいのが「堅蟹」、一番ランクが低くおいしくないのが「若蟹」となります。

 

「若蟹」は脱皮したばかりなので体が柔らかく、身の入りがスカスカで食いごたえが見られません。蟹味噌も水っぽく「ゆるく」なってます。

それに対し、「堅蟹」は脱皮を終えて甲羅が硬化し、身がシッカリといっぱいになっています。蟹味噌も濃厚な味なので、買い求められるなら「堅蟹」が抜群ですよ。

 

「堅蟹」を見極めるポイント 

フジツボやカニビルが付着しているか 「堅蟹」は、出来たての甲羅になってから現在まで時間が経っていますので、海中の他の生物が付着している場合があります。フジツボやカニビルなどが付いているカニは「堅蟹」だという可能性が高いです。その分だけ新しい甲羅になってから時間が経っているという事なのです。 「カニビル」は硬い殻に卵を産み付けるらしく、脱皮直後の「若蟹」には産卵しないのです。こういった部分も「堅蟹」を見分けるポイントになります。

 

スポンサーリンク

松葉ガニのあれこれ~意外と知らない豆知識~

松葉ガニのあれこれ~意外と知らない豆知識~

f:id:katun055:20161007005908p:plain

 

松葉ガニとはズワイガニなのです!もとより、なんで松葉ガニと呼ばれる様になったのでしょうか?ハッキリとしたことわからないこともあります(笑)

 

松葉ガニと呼ばれるようになった背景には諸説有ります。

ズワイガニはタラバガニと比べてかなり足が細く軟らかいです。松の葉に似ていることから松葉ガニと呼ばれるようになった。 ズワイガニの身を冷水に付けるとふっくら広がる姿が松の葉に似たから。

 

 女性の足:余談ですが、海外ではクイーンクラブと言われているそうです。

これまたズワイガニの足が女性のように靭やかであることからきているようです。海外は細くてきれいな物を女性に例える割合が高いようです。ズワイガニもその1つです。

松葉ガニは中でも沢山の名称で呼ばれているのです!

日本海で水揚げされるズワイガニを松葉ガニと呼ぶところが一般的です。

 

産地次第でも松葉ガニのサイズや味がかわってくるのでどのような種類があるのかご覧に入れます

  • 陰岐松葉蟹:島根県の隠岐諸島で獲れたもので規定の大きさ、品質以上のモノを隠岐松葉蟹と呼ぶのです。
  • 鳥取松葉蟹:鳥取県で水揚げされたズワイガニのことです。鳥取県では松葉蟹がとっても良く獲れるので有名です。
  • 越前がに :宇久井嫌悪越前海岸周辺で獲れた松葉ガニ国内でももの凄く有名です。
  • 松葉ガニにおいても産地によってこれだけ呼び方が違っています。

f:id:katun055:20161007010532p:plain

越前がには松葉蟹の中でも特別に美味しいと言われています! チャンスがあった時にはぜひ食べてみるとをお勧めします。決して言い過ぎではないと思います。

いつものズワイガニと違った味を楽しむことができると思いますよ。

 

【ラストに】松葉ガニと呼ばれる理由まとめてみました!

見た目が松の葉に似ているから

冷水につけた時のズワイガニの身が松の葉に似ているので

松葉ガニの中でも日本海で取れるモノは全く違う名前で呼ばれる

 

 

スポンサーリンク

タラバとズワイどちらの方がおいしい?

タラバとズワイどちらの方がおいしい?

カニは○○カニと名のつく物であれば、どれでもおいしいと思われますよね。実際、カニを食べる時に、皆さんはこれってどのカニかなと考えながら食べていらっしゃいますか?

 

お店で提供された場合やスーパーで手に入れる場合でも、一つ一つどのカニかななどと調べないことが多いですよね。そのような皆様のためにも、ここではタラバガニとズワイガニどちらがおいしいのか調べてみることにしました。

 

同じカニでも、ポイントはちょっと違うんです。人それぞれ触感や味の好みがあると思うので、一口にこちらのカニがおいしいです!とは言い切ることはできないのですが、どちらのカニにもそれぞれ特徴があります。

 

とりあえずは、タラバガニ。

カニを手に入れた時や食べる時に、まず気になるのが大きさ、ボリューム感を優先したいと思っているのならば、タラバガニが気に入ると思います。

タラバガニの足はかなり太く身も大きいので、心持ち大味なところはありますが、焼きガニにすれば絶品です。

 

最近ではネット上などでも購入することができちゃいますが、タラバガニを購入するのであれば、冷凍物ではなく生のタラバガニの購入はいかがでしょうか。

 

次にズワイガニ。

ごくごく僅か苦手な人も多いですが、ズワイガニは蟹味噌がとてもおいしいというのが本音です。タラバガニと比較すると、断然ズワイガニの方が蟹味噌はおいしいと評価されています。

 

ズワイガニは足が松の葉のように偏平なため、松葉ガニとも呼ばれているんですが、タラバガニよりは足が小ぶりなので、あまり身のボリューム感は感じ取れないでしょう。しかしながらボリュームが少ない分、飽きずにいっぱい食べることが出来るのはないでしょうか。

スポンサーリンク

カニは国産と外国産とで同じではないの?

カニは国産と外国産とで同じではないの?

近年、一般的にいたるところでお店やインターネット等でカニを購入することが可能になりました。時と場所を選ばずカニを購入することが可能になり、カニも国産と外国産の物が販売されることがよくあります。それでは、国産の物と外国産の物で違いがあるのでしょうか?

 

さまざまな形で調べてみたところ、カニの種類によって、国産と外国産が違うところが生じているようです。

 

たとえば、タラバガニの場合は、国産も外国産もさほど違いはないようなといえます。タラバガニにあたっては、ロシアで獲れても国内で水揚げを行なっているので、国産と記載されていることがありますが、必ずしもこの表記は違法だとは言えません。

 

ところが、ズワイガニはタラバガニとは事実関係が違うようです。ズワイガニは産地などによって、名前が変わっていることをカニ好きの方においてはご存知の方も多いと思います。

 

松葉ガニや越前ガニという名前は、言うまでもなく聞いたことあると思いますが、これについては産地の名前がついているだけであって、元を正せばズワイガニなのです。

こういったように、産地の名前が付けられているズワイガニはブランド化しているので、国産の物と外国産の物ではズレが出て来ます。ブランド化しているだけあって、国産外国産の違いで、値段も間違いなく、国産の物の方が高額になっています。

 

言うまでも無く、値段が高いだけのことはあって、味の方も圧倒的に国産の蟹の方が美味しいと言って間違いないでしょう。外国産のズワイガニは、主に冷凍されて市場にでていたり、中国で加工されて市場にでてきます。こういった様にご紹介してきたのですが、値段が安いという理由で全てが外国産な訳ではあり得ません。現実的には安い蟹は輸入されている物がたくさんありますが、その中には国産で足が折れてしまってるため安かったりもするので、そういった部分はご自身で見極めて購入してみた方がいいですね。

 

スポンサーリンク

数々あるカニの種類って?

数々あるカニの種類って?

既存の、カニといえば、ズワイガニ、タラバガニ、毛蟹、ワタリガニ位しか見かける機会は無かったですが、インターネットの普及によって、幾つものカニを手に入れることが可能になり、いままで特定の地域以外ではまるで知られていなかったカニを食べるようになった方も多いと思われます。インターネットで検索をかけると、ホントに幾つもの種類のカニを探すことができます。紅ズワイガニ、セコガニ、高足ガニ、松葉ガニ、越前ガニ、加能ガニ、アブラガニ、イバラガニ、花咲ガニとかが、そこそこ有名なカニだと思います。余談ですが、松葉ガニ、越前ガニ、加能ガニ、セコガニは全部ズワイガニです。

 

獲れた地域や雌雄の影響を受けて名前が変わっているにすぎません。でも、産地や雌雄によって大きさや味にも違いがあるため、ネーミングの違いに意味がないわけではないのです。カニの種類やネーミング、特徴を知ることによって、ご自身の好みに合ったカニを購入しやすくなっちゃいます。しかしながら、下手をすると、見た目がそっくりな紅ズワイガニをズワイガニとして、アブラガニをタラバガニとして売り込む悪徳業者もいると噂されていますから、購入の際には気をつける必要があります。

 

紅ズワイガニはお値段がズワイガニより安いだけに限らず、味や食感が劣るとささやかれています。普通だと缶詰などの加工用として使用されているカニです。アブラガニは、人によってはタラバガニより好かれることがあります。どちらにしても、カニの種類を偽装して販売するのは不誠実だと思いますよね。

スポンサーリンク

お取り寄せのカニで心ゆくまで味わってみよう!

カニは煮ても焼いても美味しく堪能出来ます♪

冬のグルメといえばカニなんですけど、どんな食べ方が美味しいのでしょう?

 

茹でる

とりあえずは茹でてそのまま!定番の食べ方だろうと思います。カニの種類によっても茹で方が異なっています。

 

鍋にする

そうしてこれもまた定番のカニ鍋。

いかような具材と合わせても美味しくなると想定されるのが魅力ですね。カニはキッチリとカニのダシが出るので、薄味の下準備にすれば、カニの旨みが楽しめますよ。鍋の最後にカニ雑炊にするのも好まれていますよね。

 

グラタンにする

ほんの少し残ったカニを使って、カニグラタンを作り込む人も多いです。いつものグラタンにカニの風味が良く合いますよ。寒くなるとピッタリですね。

 

カニクリーム

コロッケも良くあるメニューですね。お子さん達やお弁当の一品としても使えます。

カニ味噌を使って、カニクリームパスタも美味しいです。

濃厚なカニの味で、定番のパスタもちょっと贅沢な気分になれるのです。

 

焼く

バーベキューなんかでも活躍するのが、焼きガニですよね。ちょっとの焦げ目が食欲をそそりますね。御家庭のオーブンで焼くこともできますよ。

 

炊き込みご飯

炊き込みごはんにカニを入れても美味しです。ちょっぴりでもしっかり風味が出るので、余ったカニでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

このように色んな楽しみ方ができるカニ。この時節だからこその味覚を心ゆくまで味わうことを狙って、たっぷりの量を手に入れたいですね。なんといっても直送のお取り寄せが助かりますよ。

スポンサーリンク

鍋パーティにGoodなカニって?

鍋パーティにGoodなカニって?

冬と言ったら鍋の季節だと言えますね!加えて冬の味覚といえば外せないのが、カニ!

こちらではとっておきのカニ鍋をいくつかご案内させていただきます。

毛ガニにズワイにタラバ・・・

どういったカニでも鍋にはピッタリですよね。

その内でも冬場のカニは格別の美味しさではないでしょうか。カニから出るダシもまた濃厚なんです。

近ごろカニ鍋の流行となっているのが、初めから殻をむいた状態で届けてくれる、”むき身”を使ってのかに鍋です。殻を剥く手間もかかりませんし、鍋で熱くなっちゃった殻でお子さんがやけどしちゃった、なんて心配も必要ないですよね。

いつもどおりに野菜などと合わせた鍋も美味しいと思われますが、近頃ではしゃぶしゃぶにする方が多いとのことですよ。新鮮なカニが手に入ったら是非挑戦してみたいところです!

 

やっぱり量をたっぷりと食べたい!という方には、お取り寄せで人気の”訳ありかに”が一押しです。ここでいう”訳あり”と言いますのは、わずかに爪が折れているとか、色味が少し悪いとか、こんな程度のものなのです。味にはまるで影響のない”訳あり”で、格段と安価にふんだんにカニを食べることができますよ。気の張らない仲間たちとの鍋パーティにはピッタリですよね!

良く知られているカニ鍋にはタラバを使う人が多いとのことです。だしも取れて身の旨みを味わいたい方には、大型のタラバが一番流行っています!

スポンサーリンク

蟹好き女子「Rico」がカニパーティー、カニお取り寄せ情報、口コミ情報を調べて行きます
にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ
にほんブログ村